クレジットカードが作れない!!

物販をやるなら、やはり資金は潤沢にあったほうが有利です。大量に商品を一括購入したり、船便でまとめて配送することで安く仕入れられるのは何となくイメージがつくかと思います。政策金融公庫、信用金庫など、低金利の融資を受けることをオススメしますが、実績が全くない状態では融資も限られてくると思うので、初心者の場合は、クレジットカードを利用せざるを得ない方がほとんどかと思います。

そんな時、クレジットカードの審査に落ちたりしたらショックですよね?

ただクレジットカード審査に100%はありません。

つまり、クレジットカードが作れる人もいれば作れない人もいます。さらに言えば、同じ人でもあのクレジットカードは作れたのにこのクレジットカードは作れなかったという事もあります。

もっとも、クレジットカード会社の社員から審査の中身はもちろん何故審査に落ちたのか?を教えてもらうことは出来ませんので、カードが作れない理由は、自分自身で調べる必要があります。

自分の属性情報は一般的な審査基準を上回っているのか?個人信用情報機関に登録されている信用情報の中身に何か問題となる点は無いのか?など、クレジットカードが作れない理由を調べてその理由を解明→解決してから審査に申し込む必要があります。

特に、作れない理由の代表的なものとして個人信用情報機関の信用情報に重大な金融事故が登録されていると、それだけで審査に落ちる可能性が高くなります。ですので、現在カードが作れないという人は何を差し置いてでも信用情報の開示請求を行い金融事故が登録されていないのか?を確認する必要があります。

また、カードが作れない理由はこれだけではありませんので、今回の記事では何故クレジットカードが作れないのか?その理由について解説します。

欲しいクレジットカードがあっても、そのカードが作れないとなると困ってしまいますよね?そこで、ここからはクレジットカードが作れない理由について解説します。

もっとも、クレジットカードが作れない最大の理由は先程も触れましたが信用情報に重大な金融事故が登録されている事になりますが、それ以外にも決定的な理由があるため、作れない理由を把握しておくことは今後のカード審査への対策にもつながるため重要です。そこで、このクレジットカードが作れない理由ですが、主に下記のものがあります。

クレジットカードが作れない理由

1●個人信用情報機関の信用情報に金融事故情報の登録あり

個人信用情報機関の信用情報には顧客の毎月の利用や支払い情報、さらには現在及び過去においての重大な延滞や債務整理などの金融事故情報が登録されています。そして、クレジットカード審査ではこの信用情報の登録内容が審査結果に大きく影響してくるのです。

この信用情報に、長期の延滞や自己破産、任意整理などの債務整理情報が登録されていると、ほぼ間違いなくクレジットカードを作る事が出来ません。また、クレヒスに未入金や一部入金などの情報が登録されていると、クレジットカードが作れない可能性が高くなりますので注意が必要です。

2●属性情報が審査基準以下

各クレジットカード会社別に微妙にクレジットカードの審査基準は異なっていますが、ある一定の審査基準というものがあり、この審査基準を上回っていれば一般的なクレジットカードであれば作れる可能性が十分あります。

特に、審査では申込者の支払い能力が重要視されていますので、支払い能力を図るために重要な属性情報である勤続年数や年収はかなり重要になってきます。逆に言えば、この勤続年数が短い、年収が少ない場合には、審査に通る事が難しくなってきますので注意が必要です。

ちなみに、この一定の審査基準を下回っていた場合には、一般的なクレジットカードさえも作れない可能性がありますので注意が必要です。

3●短期間での多重申込

短期間に複数もの申込情報が信用情報に登録されていると、クレジットカード審査では不利になる可能性が高くなりますので注意が必要です。自己アフィリエイトなどを調子にのってやるのは事故(笑)のもとです。
よく資金調達系のコンテンツでありますが、最初に自己資金がない場合は自己アフィリをしましょう!とうのは本当に要注意です。

4●短期間での多重申込

総量規制とは、年収の1/3を超える貸付を制限する法律になりますが、すでに年収の1/3近辺の貸付を受けている場合には、クレジットカードが作れない可能性が高い、というか作る事が出来ません。

ですので、現在の借入金額が年収の1/3近辺まである場合には、多少なりとも借入金額を返済してからクレジットカード審査に申し込む事をお勧めします。

さらに言えば、クレジットカードのキャッシング枠は枠が付いているだけで総量規制の対象となってしまいますので、キャッシング枠を使わないという人は枠自体を外す事も必要になります。

5●過去に金融事故を起こした金融会社への申込

個人信用情報機関の信用情報に登録されている各種情報には登録期間が決まっていますが、金融会社独自で管理している自社データベースの情報は各金融会社独自で決めているため各社共通の登録期間というものがありません。

つまり、金融会社によっては自社データベース情報の登録期間が半永久的というところもあるため、過去に金融事故を起こした金融会社へ申し込んだ場合、即審査に落ちる=クレジットカードが作れない可能性が高くなりますので注意が必要です。

いかがでしたか?信用情報に重大な金融事故情報が登録されている事はもちろんですが、短期間での複数申込や過去に金融事故を起こしているカード会社への申し込みなど、普段あまり気にしていないような事が作れない理由になっているのではないでしょうか?

ですので、総量規制も含めてこれらの理由に心当たりのある人は、必ず審査前の信用情報開示請求を行って下さい。この信用情報の開示請求を行う事によって、信用情報のどこに問題があるのか?が判明するため、その後はこの問題を解消すれば審査に通る可能性が出てきます。

また、現在の属性が一定の審査基準を下回っているのであれば少し時間を置いて属性の底上げを図ってからの申し込みをお勧めします。

カードが作れない理由の把握が今後の審査通過のポイントになります

特に、これはクレジットカード🔰初心者が陥る事ですが、審査に通るまで何回も何回も連続して申し込む傾向がありますが、これは作れない理由の多重申込に当たるため審査に通るどころか事態はどんどん悪化してしまいます。

ただ、初心者の方はそんな事は分かりませんので、事態が悪化しているにも関わらずそのまま申込を続けてしまうのです。

ですので、あなたがもし現在カードが作れなくて困っているのであれば、一旦立ち止まってその理由を取り除いてからの再申込をお勧めします。審査では焦っても良い事はありません。

審査の甘いクレジットカードはありませんか?

私たちがクレジットカードを持つためには、クレジットカード会社が行っている審査に通る必要があり、この審査に通る事によって初めてカードを持つ事が出来ます。

ただ、審査申込者の中には審査に不安があるため、各種情報を元にして審査の甘いクレジットカードを探すこともありますよね?

かつての私がそうでした。だいぶ前にはなりますが、ただのアルバイトで収入や勤続年数が少ない時期もありましたし、派遣先をいつも転々としていたので、不安いっぱいの履歴書でした(笑)

そこで、現在日本では10,000種類以上のクレジットカードが発行されていますが、この中に審査の甘いクレジットカードがあるのか?について今回の記事で解説します。

審査の甘いクレジットカードとは?

インターネット検索で『審査の甘いクレジットカード』と検索すると、審査の甘いクレジットカードに関連したサイトやブログが多数出てくると思います。

ただ、これらのサイトやブログで紹介されている審査の甘いクレジットカードのほとんどは、サイトやブログ管理者の都合によるものがほとんどです。

その代表的なものが、アフィリ報酬が高いため沢山申込をしてもらって多額の報酬を得たいというものです。確かにサイトやブログを運営している目的は何かしらの報酬を稼ぐためという人が多いかも知れません。

しかし、それと実際に審査の甘いクレジットカードは別の問題になりますので、そういったサイトやブログで紹介されているカード情報には惑わされないようにして下さい。

ちなみに、審査の甘いクレジットカードですが、これは誰でも審査に申し込めば通るというものでは無く、あくまで他のクレジットカード審査と比べて甘い傾向があるという意味になります。

各系統別にクレジットカード審査傾向が異なっています

現在、日本で発行されているクレジットカードはいくつかの系統別に分ける事が可能であり、各系統別に審査状況が微妙に異なっているのが現状です。

例えば、お堅いイメージで有名な銀行系クレジットカードは審査が厳しめですが、イオンカードや楽天カードなどの流通系のクレジットカード審査は銀行系と比べ審査が甘い傾向があるのです。

また、現在では唯一の消費者金融系クレジットカードのACマスターカード審査も比較的審査が甘い傾向があります。

ちなみに、現在の各系統別による審査状況の順番についてまとめると、下記の通りとなっています。

(審査が厳しい順)

銀行系>信販系>独立系>流通系・石油系>消費者金融系

これを見ても分かると思いますが、一番左の銀行系が一番クレジットカード審査が厳しめとなっており、ACマスターカードの消費者系が一番審査が甘い傾向にあります。

支払方法がリボルビング払いのカードが狙い目です

これは、ネット検索をしてもあまり情報が出てこないと思いますが、実は審査の甘いクレジットカードにはとても分かりやすい特徴があるのです。

それは、クレジットカードの支払方法が

『リボルビング払い』

専用となっている事です。このリボルビング払いとは、毎月の返済額が一定になる代わりに返済期間が伸びるため、早めに返済しないとトータルでの支払金額が多くなるという、カード利用者にとってはデメリットとなる返済方法です。

ただ、デメリットになるのはあくまでカード利用者であって、カード会社にとってみれば受け取る利息が増える=自社利益に繋がるため、こういった顧客は是非とも自社顧客として取り込んでおきたいところなのです。

そのため、返済方法がリボルビング払い専用のクレジットカードは、一般的なカードと比べ審査が甘い傾向があります。ちなみに、リボ払い専用のクレジットカードには、ACマスターカードやJRビュースイカリボカードなどがあります。

しかし物販で利用するカードとして、支払方法がリボルビング払いというのは論外なので、このようなカードを作れたとしても全くメリットがないどころか、むしろヤバイことになってしまう危険なカードと言えますね。

現在キャンペーン期間中のカードも狙い目です

クレジットカード会社では、不定期に自社キャンペーンを行う事があります。そして、このキャンペーンではCMやネット広告など、現在キャンペーン期間中である事を広く世間に伝える必要があるため、かなりの広告費を使う事があります。

すると、カード会社ではこの広告費を回収する必要があるため、1人でも多くの自社顧客を獲得する必要がありますよね?何故なら、クレジットカード会社も世間の一般企業と同じく各種事業で利益を上げなければ会社の存続危機につながる恐れがあるためです。

そこで、現在キャンペーンを行っているクレジットカード会社では、より多くの自社顧客を獲得するために、通常時よりも若干緩めで審査を行っている傾向があるのです。

もっとも、だからと言って信用情報に金融事故情報が登録されている人は審査に通る事は難しいと思いますが、軽微な延滞情報のみという人や居住年数や勤続年数が若干短めの人であれば通る可能性もゼロではありません。(過去に事例有り)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事