JANコードの新規取得方法

新規出品に必要なJANコード・GS1コードとは?

JANコードとは何かについてですが、簡単に言えばバーコードと認識して頂ければと思います。
JANコードは、「誰が」製造して、「どんな」流通をしているのかを把握するための、識別コードです。どの事業者のどの製品かを表しており、商品のブランドを持つ事業者が、貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。

通常、バーコードスキャナで読み取れるように、バーコードによって商品パッケージに表示されているもので、世界共通の仕組みであり、多くの国で使用されています。

その呼び名は、日本では「Japanese Article Number」でJAN、国際的にはEANコードや、GTIN-13、GTIN-8と呼ばれています。

JANコードの体系

GS1事業者コードとは、国際標準の識別コード(GS1識別コード)を設定するために必要な番号で、GS1事業者コードに商品アイテムコードを組み合わせればJANコード(GTIN)を設定できます。

また、GS1事業者コードは、日本では「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号になっています。

日本の事業者がGS1事業者コードを必要とする場合は、一般財団法人 流通システム開発センター に登録申請することで、コードの貸与を受けることができます。

JANコード取得の流れ

http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html

WEBからの申請が早いです。申請内容に不備が無ければ、約7営業日で取得できます。

まずはメールアドレスの登録をします。

センターが入金を確認し、申請内容に不備が無ければ、約7営業日でGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便(転送不可)で届きます。申請料は、F12960円になります。

 

GS1事業者コードは付与される数字、商品アイテムコードは自社で好きに設定する部分、チェックデジットは計算で決まってくる数字部分。

アイテムコード(ロケーションコード)ってなに?

アイテムコードは、出品者(JANコード管理者)が任意に設定できる、3桁または5桁の数字になります。3桁の場合は、001~999までの任意の数字、5桁の場合は001~99999まで利用できます。

ただし、1企業に10万アイテムコードを渡していたのですが、実際に使用されたのは1企業あたり100コード以下だったため、現在の申請ではコード不足解消のため3桁となっております。

チェックデジットってなに?

JANコードの最後の一桁は、チェックデジットという「誤読防止用の検査数字」になります。下記URLにGS1事業者コード+アイテムコードを入力すると、計算してくれます。

チェックデジットの計算フォーム

チェックデジット計算方法

まとめ

JANコードの取得方法を解説しました。JANコードがなくても「Amazonブランド登録」や「バーコード免除申請」をすれば、商品登録をする事が出来ます。しかし、免除申請等も手間がかかりますし、何かと便利なので、やはり取得しておくべきでしょう。JANコードは中国輸入では必ず必要となってくるので、これから中国輸入を始める方は、是非この際に取得してしまいましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事