Google Chromeの日本語翻訳機能を使用

Google Chromeは、サイトを日本語に翻訳するとても便利な機能を備えています。

Google Chromeのインストールがまだの方は、下記の記事を参考にインストールを済ませておいてください。

あわせて読みたい

 アマゾンにおける売れ行きを確認する際、本来は有料のツールで確認したいところですが、最初にそこまでお金をかけられない場合は、グーグルクロームから提供されてるKeepaやモノゾンといった拡張ツールが役立ちます。様々な無料の拡張機能を使えるのはグーグルクロームの最大の特徴なので必ず導入するようにしましょう!

Google Chromeをインストール後、ブラウザを立ち上げて下さい。

ブラウザ管理画面

ブラウザが立ち上がったら、画面右上の3つ並んでるボタンをクリックします。その後設定をクリックいたします。

設定

続いて、「設定」→「詳細設定」の順にクリックし、「言語項目」を表示させます。

設定画面を一番下までスクロールし、「詳細設定」のボタンをクリックします。

下記画像の通り、母国語以外のページで翻訳ツールを表示するにチェックを入れます。

ウィンドウに表示されている「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」がONになっていれば、翻訳機能は有効になっています。逆に翻訳機能を無効にしたい場合は、このスライダーを左にズラしてOFFにしましょう。

以上で設定は、すべて完了し、日本語以外のWebサイトページを開いた時に、ページ全体の翻訳機能が利用出来ます。

海外サイトを一瞬で日本語に翻訳する

①このようなポップアップが出てくるので、翻訳ボタンを押してください。

ツールバーのところにグーグル翻訳のマークが表示されます。

クリックすると「このページを翻訳しますか?」と聞かれるので、「翻訳」をクリックするとサイト全体が翻訳されます。

②翻訳済みになった後は、原文のページを表示させたり、オプションを選択できるような画面に切り替わります。

タオバオ

Amazon.com(米)

ご覧の通り、ボタンを押したら、1秒でで日本語翻訳が可能となりました。

もちろん完璧な翻訳にはなりませんが、リサーチする上で、十分な補助になりますし、言葉のニュアンスは、大体理解できるので重宝します。

海外輸入をする際、ebayや海外Amazon、タオバオやアリババなどの中国サイトにも、全てこのGoogleの翻訳機能が利用出来ますので、デフォルトで設定しておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事